UK『DANGER MONEY』です。スケルトンヴァイオリンっす

UKを知ったのはASIA前だったか、ASIA後だったか記憶ありません。


でも、間違いなく覚えているのは「NOTHING TO LOSE」のビデオクリップでした。アルバム『DANGER MONEY』の収録です



Danger MoneyDanger Money
(1990/09/26)
UK

商品詳細を見る



シビれたなぁ、エディ ジョブソンに。





だって、キーボード弾いてたと思ったら、ソロで前に出てきてなんとヴァイオリンを弾くんだから!

しかも、スケルトンって! そんなもの初めて見たよ!



間違いなくこの曲がASIAのプロトタイプだったと思う。ジョン ウェットンのボーカルも完璧にあってるし。


プログレは好きですけど、マニアじゃないんでテクニックとか展開がどうのとかはあまり興味ないし、特にジャス的なものはノー興味なんで、私はUKはセカンドの方が好きですねぇ。ロックだからね


でも、そんな私でも3曲目の「THE ONLY THING SHE NEEDS」のバトルは聴き惚れちゃうけどね


でも、やっぱり「NOTHING TO LOSE」だなぁ。私にとってのUKと言えば





ヴァイオリン最高


ライブバージョンもいいから、近いうちに『NIGHT AFTER NIGHT』も感想書こっと ( ´ ▽ ` )ノ

スポンサーサイト

コメント

恥ずかしながら!?
ウェットントンが
クリムゾン〜UKって経歴なのを
初めて知りました!!
これで
失うモノは何もありません(笑)
robokeiさんへ
クリントンなら知ってるけどね!
クリプトンから来たのはスーパーマン
スッパマンは、ドクタースランプ
No title
最近だとクリプトン=初音ミクなどのボーカロイドになってます

こういう湿っぽさはいかにも80年代だなあと
再結成後はメンツが同じでも軽いですもんね
akakadさんへ
やっぱり再結成とオリジナルでは 違いますよねぇ。
結局オリジナルに勝るもののはないです。そういうことだなと思います

管理者のみに表示

トラックバック