ブルーザー ブロディ対アントニオ猪木 スイングしたのか?

いきなりですけど、合わなかったというのが結論








というよりも全盛期のブルーザー ブロディに対して、衰えが目立つアントニオ猪木ではスイング出来なかったということだと思う。合わせたくてもブロディの一つ一つの技が効きすぎて本当に何も出来なかったのだと





合わなかったのではなく、合わせられなかったということだろう。


今見ても、猪木の弱々しい技にブロディは一生懸命に受けてあげているのだけれど、いかんせん元々の技の威力が弱すぎて•••


評判の悪い、猪木の延髄切りに対してのオーバーアクションも、ブロディの精一杯の優しさだと思う。





「早く、次の攻撃してくれ! 猪木、早く早く!」ってブロディは思っていたんじゃないかと


覚えていますか? アントニオ猪木の腰砕けのダブルアームスープレックスを





覚えていますか? コーナーポストに上がったブロディの技を受けもせずにリング中央に後ずさりしたアントニオ猪木を





覚えていますか? コーナーポストに上がった猪木に対し、ちょっとだけ体をヅラしてニードロップをあてやすくしてあげたブロディの優しさを





覚えていますか? 弱々しいパンチを何発か受けた後に猪木がバックドロップやりやすいように後ろを向いてあげたブロディの気持ちを








覚えていますか? ブロディに簡単に跳ね返されちゃったアントニオ猪木のぺっぽこボディシザーズを








結局、頭のいいブロディは新日ともめて古巣の全日にカムバックしたことになっているけど、ほんとうはこのまま新日にいても名勝負が出来ないと悟ったからこそ骨のあるジャンボ鶴田の待つ全日に恥を忍んでカムバックしたのだと。

だって、アントニオ猪木はこの程度、長州力は全く相手にならないことは全日時代に証明済み


ブルーザー ブロディよ 永遠なれ


スポンサーサイト

コメント

ブロディ様
嗚呼、ブロディ様♪カッコ良かったですよね)^o^(
昔、ブロディのポスター貼ってました♪
ブロディが亡くなった時、男の友達から教えられて、『嘘やろ?』と言ってたら、彼がスポーツ新聞を片手に泣きながら、見せてくれました。
ブロディ最高
wancoさんのブロディ好き、憶えてますよぉ! コメントありがとうございます。インフル回復です! 私は当時朝まで飲んだ始発駅の新聞で知りました。泣いたです•••
No title
こんばんは!
ブロディ、懐かしいですね。記事を読んでいて笑えたのと同時に登場曲のツェッぺリン「移民の歌」を口ずさんでいました(笑)
こんばんは
移民の歌はゼップじゃなくってブロディバージョンが最高。違うってヤツはワンハンドボディスラムをお見舞いしてやるぜぇ!
運命~移民の歌
新日上がるって聞いてめちゃくちゃ興奮して、駅売りの「ザ・プロレス」だったかな?買ってきて壁に貼ってた~。スイングしたかって言ったら、あのギコチナサが良かったって言い方になるのかな?
ブロディは「全日で鶴田からインター獲った試合」がベストでしょ。
地味JAM尊さんへ
ブロディの気持ちをわかってあげなかった猪木の負けなんでしょうね?
プロレスとは、お互いの呼吸ですから!

管理者のみに表示

トラックバック