JOHN NORUM『FACE THE TRUTH』でグレン ヒューズ聴こう!

なんなんですか! このアルバムのかっこよさは!!





っていうか、なんなんですか! グレン ヒューズの隣のほっぺたの赤い田舎っぺさんは

••••えッ ジョン ノーラムですか

赤いりんごっ子かと思った。青森の人かと思った(青森の人 ごめんなさい、シャレです



Face the TruthFace the Truth
(2007/06/12)
John Norum

商品詳細を見る



ヴォーカル:グレンヒューズ・ギター:ジョンノーラム・ベース:ピーターバルテス・ドラムス:ヘンポヒルデンという腕利きのミュージッシャンで作成された1992年のジョン ノーラムのソロアルバム2作目


ポイントはジョン ノーラムではなく、なんてたってグレン ヒューズのボーカルでしょ

グレン ヒューズに丁度いい、ぴったりの楽曲が並んでいて、かっこいいハードロックを聴きたいならコレ って言える本物のHRアルバム


圧巻は1曲目のタイトルナンバー「FACE THE TRUTH」

イントロからのジョン ノーラムのリフとグレン ヒューズのボーカル




こういう曲をかっこいいと思わない人はいないはず


ジョン ノーラムは単にほっぺたの赤いりんごっ子じゃないんですよぉ

スポンサーサイト

コメント

益々Ω高い!!
もちろん愛聴盤でした(カセットですが・・・)。
個人的にはスティル オブ ザ ナイト・・・?
もといスティル ザ ナイトが大好きです!
同じレスポールの貴公子、
殿はいつお帰りになるだっぺ!?
robokeiさんへ
カセット!? もう1回。カセット!??
いつの時代ですか? っていうかこの頃のウォークマンってまだカセットでしたっけ? 懐かしい懐かしい
ジョン ノーラム&サイクスは共にゲイリー師匠のお弟子さんでしたね。
1人は活躍中ですが、1人は未だ地下潜伏中
太郎さん、まいど
登場しましたね。そろそろ来るかなと思っていたよ。ほんま当時、よく聴いたアルバムだよ。もう23年前なんだ。つき最近のような気がするのだが。A面(もう死語だが)1曲目はこうあるべきであるお手本のような作品だ。やっぱ1曲目の印象は大切だよ。その後の曲をちゃんと聴きこむかどうかの指標になるからね。ヨーロッパのデビューした頃はメンバーみな、さらにほっぺが赤かったよね。ういういしかったよみんな。
パリの散歩道さんへ
前にブログで紹介してましたから、いつかはって思ってましてね。
それにしても1曲目って大事ですよね。いわゆるつかみ(#^_^#)。パリ散さんの言うとおり。
で、ヨーロッパはロックトゥデイで初めて聴いたときは心にグサリときたっすよ!!
No title
こんばんは!
僕もこのアルバム大好きで以前に僕もブログで記事にしました♪
りんごっ子のギターは、めちゃくちゃかっこいいし、
グレンのボーカルも見事です!超名盤!!
ぶらうん佐藤さんへ
りんごっ子(笑)
言い過ぎる私ですけど、絶品です。でもジョン ノーラムのギターってどうなんでしょうか?
特徴ってあるんでしょうか?
とすると、凄いのはジョン ノーラムではなくてグレンなんでしょうか(笑)

管理者のみに表示

トラックバック