FOGHAT『FOGHAT』はブルースブギー絶好調!

フォガットとはイギリスのバンド。

元サヴォイ ブラウンのメンバーが心機一転で結成したブギー一本勝負のバンド





ブギーとは言ってもいろいろ種類あるんだなぁと思うのがZZ TOPとも違うし、STATUS QUOとも違うし、やっぱり奥深いです



FoghatFoghat
(1990/10/25)
Foghat

商品詳細を見る




シングルになった「I Just Want To Make Love To You」はカバーなんですけど、まさにフォガットを1曲で表すことの出来る最高にホットでノリのある曲


基本がブギーなんでどれを聴いても同じ感じだけどやっぱりちょっとだけ違う(当たり前だっちゅうの








イギリスのバンドだけどアメリカで売れましたね


ベスト盤かなんかで聴くとわかるのは、時代によってシンプルだったりシンセの装飾をつけたり色々な感じですけど根っこのブギーは全くぶれないという、彼等もAC/DC同様の金太郎飴ロック


70年代はこんなゴリゴリのロックが売れたんだからいい時代だよな


個性あるバンドが多かったのだね~


ライブに行ったら絶対に楽しいだろうな(笑) 身体が勝手にノッてきちゃうよな。


フォガット聴きながらアメリカの田舎町を走りたいよ







スポンサーサイト

コメント

フォガット最高!!
このファーストは、ラストの曲もいいですよね(^^)。フォガットはライブ盤が最強、末期の超ポップバンド化した時ですらブギのノリの切れ味が素晴らしいです(^^)!!
BACH BACHさんへ
嬉しいです。80年代のフォガットも聴いてるんですね!
味付けはポップだけど、おっしゃる通り芯は通っています
やっぱり
FoghatはFool For The Cityでしょ!
I'm a Fool For The City!!!
ロブ・マニアさんへ
フール フォー よー してぇ
車で聴きたい曲だすです
いい時代だこと

管理者のみに表示

トラックバック