MOTT THE HOOPLE『LIVE』はゴキゲンなロックアルバム

モット ザ フープルは1970年代に活躍したイギリスのロックバンド。グラムロックの範疇で語られることもありますが、私からすると単なるロックバンドと言いたい





オリジナルアルバムの前にこのライブアルバムを紹介するのって反則な気がしますが、やっぱり最高傑作はこのアルバムだということで(笑)


オリジナル発売はこちらの7曲入り、そう、たったの7曲だった。1~5がニューヨークのブロードウェイ、6~7がロンドンのハマースミスオデオンで録音された74年発表のライブ・アルバムです



LiveLive
(1989/07/20)
Mott the Hoople

商品詳細を見る



たったの7曲でしたがそのノリと言い、かっこよさと言い、本当によく聴いたアルバムでした

でも物足りない気持ちはあって、もっともっとモット ザ フープル聴きたい(まさかシャレ)••••ぞ と思ってました。そしたら••••


30周年記念に拡大バージョンがCD2枚組となってアニバーサリー発売されました



Live-30th Anniversary EditionLive-30th Anniversary Edition
(2009/01/22)
Mott the Hoople

商品詳細を見る



もう大満足です ε-(´∀`; )


ヒット曲はほとんど入ってますのでベスト盤としても聴けます


あのイアン ハンターのルーズなボブ デュラン系のボーカルがクセになります。チョーーーーーカッコいい


ライブ映像が少ないのが玉にキズのバンドです


ブロードウェイの方はこの曲がオープニングです
「THE GOLDEN AGE OF ROCK ’N’ ROLL」





いろいろあるけど、これぞロックです



( ´Д`)y━・~~ はぁ~ 酒飲みたくなるロックだぁ



スポンサーサイト

コメント

普通のロックバンド(笑)
そうですよね、普通のロックバンドですよね。私は過度の期待を抱いて"all the young dude"を聴いたらずっこけたことがありました、「普通じゃん」って。。そうですか、ライブが良いのですか、今度聴いてみます!
BachBachさんへ
ライブでの格好良さは普通じゃ無いです(笑)
それに同居してるイアン ハンターが奏でる至極のメロディーがたまらんのです
単なるロックですけどやっぱりアメリカ人のロックンロールとは違うのです(笑)
youtubeはスタジオライブばかりだから音だけの方がいいと思います
太郎さん、まいど
そうか、ボブディラン風だね。ほんまそうだね。わすもいくつか作品を所有しているよ。野郎ども、ベストアルバム、わりと最近数年前くらいか発売されたDVDを持っているよ。わす的には、フレディマーキュリの追悼コンサートでのイアンハンターのライブ演奏がたまらんですわ。自然体のかっこよさが最高だよ。
パリの散歩道さんへ
モット ザ フープルの良さってなんだろう?
イアン ハンターの良さだけじゃなくって、後にバッド カンパニーに行くミック ラルフズの才能も加算されてたのかな? 言葉で表現するのが本当に難しいバンドです
純粋に「好き」です
フレディの追悼でのライブはかっこよかった。でもスタジアムには向かない(爆)

管理者のみに表示

トラックバック