BOB WELCH『THE OTHER ONE』は原点回帰の名盤

改めてボブ ウェルチさんとは••••





言わずと知れた(知らないっての)イギリスのブルーズロックバンドであるフリートウッド マックに1971年春に加入。Macには1974年末まで在籍し、5枚のアルバムに参加。

勿体無いことにマック1975年の大ブレイク前に脱退。

ソングライティングをはじめヴォーカルとギターでキーボード兼シンガーのクリスティン マクヴィーとともにサウンド面の中核として大きくバンドに貢献しました



知りませんねぇ。っていう声が聞こえてきますね(笑)

そんな彼のソロ3作目が今回の『THE OTHER ONE』です。



ジ・アザー・ワン(紙ジャケット仕様)ジ・アザー・ワン(紙ジャケット仕様)
(2013/12/25)
ボブ・ウェルチ

商品詳細を見る



それまでの2作(共に名盤)がポップな飾りや、言ってしまえばディスコ的なビートも取り入れたりしてたが今回はすごくシンプルなっている。フリートウッド マックでの自身のヒット曲(?)の「future game」なんかもマック時代よりもあっさりカバー。どっちが本当のボブ ウェルチかといえば両方なんだろうね。PARISなんていうハードロックもやってたから、やっぱ全部やりたいし、全部出来たんだろう。そういう意味では天才だな


そうは言ってもこのアルバムの曲はどの曲も地味なんで何がいいか選んでたけど、youtubeにはあまり曲が無く選択のしようもなくこちらの「spanish dancer」





このアルバムはしみじみやな。やっぱ好きなのは派手な前2作


スポンサーサイト

コメント

No title
フリートウッド マック

私はだみ声の

スティービーニックスが好みです

美人だし ナイスな容姿だし


すみません

音楽的見解でなくて

お茶の水ディスクユニオンで、
フレンチ・キッスの国内盤を売っていました。

あと、カリフォルニアJ.A.Mの時のタコ踊りは仰天しました。

晩 ヘレンさんへ
私も大好きニックスさん!
カエルを潰したような声がたまらない
ロック馬鹿さんへ
タコ踊り?
それは小松政夫の見間違いでは(笑)
私は、見たことないです。断片的にしか見たことないなぁ

管理者のみに表示

トラックバック