AEROSMITH『DONE WITH MIRRORS』は駄作?

そうかもね。

でも、こう言っちゃなんだけど元々エアロスミスってこんなもんじゃないかとも思うわけで••••





次回作の『パーマネント バケーション』以降は豪華作曲陣が書いてるから良さげだけど、それは作曲家達がいいということでは••••と


では1970年代のアルバムはどうだったかというと実はいい曲とたいしたことない曲が同居してた。だからアルバム全部いい曲っていうとどうなのかな••••と(爆弾発言かな



で、やっと『DONE WITH MIRRORS』の話へ



Done With MirrorsDone With Mirrors
(1997/08/12)
Aerosmith

商品詳細を見る



ジョー ペリー プロジェクトの曲だとしても「LET THE MUSIC DO THE TALKING」は間違いなく名曲でしょ(笑) JPP時代よりも73倍はカッコイイ(倍率適当 ^^;)


特にエアロスミスのライブのブート録画しに行くっていう設定が
最高





だから人の曲がカッコイイという次回作以降よりも私はこの曲だけで『DONE WITH MIRRORS』の勝ち


スポンサーサイト

コメント

こんにちは^^
ワタシがエアロを初めて知った頃は人気が地の底だった時代でした。
ベストヒットUSAで「Lightning Strikes」のビデオを観た時に
「人気がないのに何てカッコいいんだろう!!」と思って音楽友達に
「エアロって結構いいよ♪」と伝えたら「そんなん聴いて、カッコわる~」
と言われてしまい、凄く悲しかった思い出があります(;_;)

友人達の罵倒にもめげず、Lightning Strikesが収録されていた
Rock in a Hard Placeをレンタルレコードで借りて、
それ以前のアルバムも借りましたが、ボネ太郎さんがおっしゃる通り
「いい曲」と「たいしたことない曲」が混在してると思うので、
アルバム丸々ハマるものはなかったです。
それをコアなエアロファンに言うと怒られましたけどね(苦笑)

やっぱりワタシはPumpが一番好きです。
極端なことを言うともうエアロはこの1枚だけでいいです。
ガンズのAppetite for Destructionと同じ位置づけかも(^^;)
Yuko_nijiさんへ
こんにちは(^^)
「LIGHTNING STRIKES」ってかっこいいですよね。PVでのリーゼントもステキ!
でも私は復活エアロがリアルタイムなんで、モトリーとかラットがリスペクトしてるバンドって感じからが入口。
でもまじでDONE WITH MIRRORSでしたから「LET THE MUSIC DO THE TALKING」にシビれたです
この時代感の違いが私とYukoさんの微妙な世代違いなんでしょうかね〜
エアロで一番好きなアルバムと言われれば何だろう?
アルバム通しては微妙なバンドだな、マジで。




エアロスミスの駄作について
最高駄作は最新作の「アナザーディメンション」だよ。1回聞いてダメだと思ったよ。
「ミラーズ」は7回位聞いたから、まだマシだよ。
あと、アルバム全曲いいのは、ロックス、ファーストアルバム、トーイズインジアティック、ゲットアグリップだよ。
ロックインアハードプレイスは、浪人してた82年9月にお茶の水のシスコで買って、死ぬほど聴いた もっとも低評価の佳作だよ。
太郎さん、まいど
このアルバム流行ったよね。結局買わなかったけどね。アルバムは3、4枚ぐらいしかもっていないよ。あと、むかす行商中で休憩で突撃した信濃大町のアップルランドスーパーにあるレコード店で、テキサスジャムのライブビデオを偶然みつけ購入したよ。もう廃盤になっていたビデオソフトだったからね。田舎のレコード店にいくと、たまに貴重な売れ残りがあったりするんだよ。
おっと! ロック馬鹿さんだ!
久しぶりです(笑)
ロック馬鹿さんに向かってエアロに名作無しなんて言っちゃアカンかったですね〜´д` ;
「ROCK IN A HARD PLACE」が良いっていうのは私も同感です、、ハードロック然とした感じが私も好きです
また、遊びに来て下さいね〜( ´ ▽ ` )ノ
パリの散歩道さんへ
大町かぁ(笑)いい温泉ありますよね
テキサスジャムのビデオ、いいですね。見たいなぁ
今は掘り出し物はブックオフかなぁ〜
レコード屋・・・大好きな空間でした。
レコードを探す時ってなんだかワクワクしてたですもんね〜
レコードを上に引っぱりあげる・・・そうは言ってもなかなか掘り出し物無いから探す動作も惰性になり、、。
ってある一枚を惰性のままやり過ごし・・・ん!?って、前に戻るすと

あったぁぁぁぁぁ!

っか(笑) よかった。アナログよかった


管理者のみに表示

トラックバック