BONHAM『MAD HATTER』は売れなかったけど、これもZEP的

父親の七光りだって売れない時は売れないんです (ー ー;)


1stは100万枚売れたんですけどね





左から2番目の可愛らしいおぼっちゃまがジョン ボーナムの息子さん、ジェイソン君


1stから3年も経ってしまったのがいけなかったのか? 時代がグランジ的なものが好まれるようになったからか? さっぱり売れませんでした ^^;



Mad HatterMad Hatter
(2010/08/02)
Bonham

商品詳細を見る



1stもそうでしたけど、基本的にはZEP的な音作りと言ってよいと思う。違うと言われてもそれ系のボーカルが歌ってますのでそれは仕方ないと。世間もそれを望んでるし。


キングダム カムはダメだけどジェイソンは息子だしOK的な ε-(´∀`; )


結構アメリカンな感じに聴こえるけど実はめちゃくちゃブリティッシュなアルバムです。それはジェイソンのパワードラムを強調させてるのは仕方ないけど楽曲はなかなか良い。ただ、「コレ!」といった曲が無いのも事実なんで聴いた後の印象は薄いかも••••



ボンゾ系ドラムを一生懸命やってる感じ

「CHANGE OF A SEASON」





「LOS LOCUS」です






ボーカルにもう少し(少しじゃないけど)実力あればもっと良かったんだけどそんなにいないっすよね ロバート プラントタイプはさ


だからこそレニー ウルフやジャック ラッセルは凄いんだけどね





というわけでこれが





これに






親の七光りじゃなくって自分が光ってる・・・ってか



スポンサーサイト

コメント

ボーンアイデンティティ!?
偉大な親の幻影に追われ続けるジェイソン・・・
彼はZEP再生計画により生み出されし
最強太鼓達人兵器である!
1stから見事にZEP色満載のアイデンティティだったのが
悩ましい限りである!!
robokeiさんへ
もう、親父の跡を継ぐしかない人生。
落語家さんみたいに、ジョン ボーナムを継げばいいのに(笑)

管理者のみに表示

トラックバック