DIO『HOLY DIVER』は音が軽いっす(笑)

ディオって4作目までは本当に凄いバンドだったですよね





本当にどれもいいんだけど、やっぱり1stから紹介せねばならないということで『HOLY DIVER』


えぇ~と、音が軽いってことですかね。なんかスカスカでさ••••


なんて言ったら怒られるんだろうな




Holy DiverHoly Diver
(1990/10/25)
Dio

商品詳細を見る




レインボーで大活躍し、ブラック サバスで大活躍し、万を辞してのソロデビュー。バンド形式っぽいけど後のヴィヴィアン キャンベルのインタビュー聞いてもわかる通り、ソロですよね


ソロでもなんでもいいんだけど、内容が伴ってればね。ってな訳で内容が伴っているんです


どの曲もいいんだけど、耐えて耐えて大爆発的な曲が好きなグラハムボネ太郎としては、「DON'T TALK TO STRANGERS」がお気に入り






ライブバージョンもいいねぇいいねぇ。


ディオが凄いのはライブがスタジオ以上にロニーの声が出てるってことだな


ヴィヴィアンが才能あるかどうかは微妙だけど、ポイッと棄てたらアカンよね。


結局・・・

奥さんが悪かったのか、
本人の性格も本当は悪かったのか、
奥さんの浮気相手がラフカットのポール・ショーティノだったのが悪かったのか••••




( ´Д`)y━・~~ 悪いのは、浮気相手と知ってて虹プロからデビューさせちゃったロニーだな••••


スポンサーサイト

コメント

No title
こんばんは!
「HORY DIVER」良いですね!
僕はいきなり爆発する「STAND UP AND SHOUT」が好きです♪もちろん「DON'T TALK TO STRANGER」も好きですよ!リック・スプリングフィールドの同じタイトル曲も好き(笑)今では落ち着いてしまったヴィヴィアン・キャンベルの弾きまくりギターが気持ちいいですね!
ぶらうん佐藤さんへ
リック スプリングフィールドのもいいですよね(笑)
どんなタイプの曲でもメロディが大事だと
No title
Ronnieが歌ってたら、なんでも好きです♪
でも、やっぱり『The Last In Line』が好きかも♪
でも『Magica』はひどかった・・・
wanco.さんへ
とにかくマジカは酷かった!
というか、ディオは4作目までですよ、結局は(笑)
そう思うと、作曲能力って枯れるものなんでしょうか?
こんにちは~
DIOは確かに初期4枚、いや3枚、いやいや、人によっては2枚だけ、と
仰る人もおられますね(^^;)
私も4枚目で「あれれー」となりました。
次にロニーの偉大さを実感したのはサバスのDehumanizerでしたよ~。
あれは今でも神アルバムだと思ってます♪

ウェンディ―とロニーの関係も不思議でしたね。
ウェンディは自由奔放な女性なので、ロニーだけでは物足りなかったんでしょう
Yuko_nijiさんへ
わかるなぁ
本当は2作目までだって(笑)
でも、一応4作目まではいい曲があるということで!
その後は、いい曲すらないと
太郎さん、まいど
この4枚目、まさにリアルアイムで体験です。この頃、これくらいの作品が当然のレベルと認識していました。実は、たいへんなことだったのですよね。いかに当時のメタルが高いレベルを実現していたか今になってわかります。数年前の名古屋ボトムラインで、Voices of raibow の開演前に The last in line アルバムの One night in the city が流れました。なんと迫力ある佳曲であると再認識しましたよ。3rdアルバムのロックンロールチルドレンも泣ける名曲でした。わすが高校生当時このような高い水準のロックを体験できたことを誇りに思うよ。そして、わすが、最も後悔していることは、ロニージェイムスディオのコンサートに突撃していないことだ。いつか行く機会があるだろうと思っていたら、亡くなることになるとは・・・
パリの散歩道さんへ
絶対にレベルは高かったですよ、だってきちんと作ってるから。
今は音楽がお金にならないから仕方ないですよ
ディオって、初めのうちはスーパーロック85とかそんなフェス的な来日ばかりでしたからね。一回武道館行ったかな? なんか記憶あやふや。
で、人気無くなったと;^_^A

管理者のみに表示

トラックバック