GENESIS『GENESIS』ママでザッツ オール!

プログレだろうがポップだろうがジェネシスっていつの時代もいいんですよね





ポップになったとか言われた1970年代後半から1980年代のアルバムをよく聴くと決してポップだけじゃないのがよくわかります


トニー バンクスがポップじゃないからね、それが1番の要因なんだろうな。気難しい顔してるし (笑)


で、セルフタイトルの『GENESIS』



GenesisGenesis
(1990/10/25)
Genesis

商品詳細を見る



1曲目の「MAMA」からして全然ポップじゃないっす。こんなおどろおどろしいのを1曲目にしちゃっていいのか と思っちゃいます


で、好きなのは「THAT’S ALL」です。1番ポップな曲かもしれないけどキーボードのフレーズが印象的です







フィル コリンズのソロとは根本が違うよね。やっぱ気難し屋のトニー バンクスがいるからね


ピーター ガブリエル時代もいいですけどこの時代もいいよぉぉぉぉ *\(^o^)/*


スポンサーサイト

コメント

インビジボー!?
私にはコリンズ星人単独行動しか見えておりませんでした・・・
この際に彼の起源に触れてみたいと思います!
かつての特ダネのオープニング曲は盲点でした!!
robokeiさんへ
そうでしたね!
仕事してるからちゃんて見たことないけど、インビジボータッチでしたね(笑)
No title
こんばんは~。
この記事読んで久しぶりに
「MAMA」聴いてま~す♪
「Throwing it all way」が
好きで~す♪
妄想しぇり子さんへ
その曲は、なんだか優しい曲ですよね〜!
フィル コリン星の歌声に癒される(笑)
あいますな~
Genesisはガブリエル時代を知らない私です。売れたのは"Invisible Touch"ですが
個人的に一番好きなのが"Genesis"ですよ~Phil Collinsが好き放題やってる様に
見えてTony BanksとMike Rutherfordの2人がしっかり手綱を握っていると思ってます^^
jackteraさんへ
あのバンドはやっぱりトニー バンクスだと思います。
キーボードの音とフレーズは独特ですからね
私は、ピーター時代もどっちも好きです(笑)
僕も
フィル・コリンズ在籍時のアルバムではこれが一番好きです(^^)。というか、フィル・コリンズ絡みで一番好きなアルバムかも。
BACH BACHさんへ
ヘェ〜!
なんか予想外?に人気なアルバムなんだなぁ〜。
フィル コリンズをバカにしちゃいかんのだね
・・・してないけどね、私は!
太郎さん、まいど
このアルバムがわすにとって、初リアルタイムのジェネシスです。もちろん、偉大なバンドであることもつゆ知らず。その後の、フィルコリンズのソロのアゲインスト・オール・オッズも大ヒットしましたね。当時、コリンズはまだ若かったのですよね。かなり年をくった親父にみえました。俳優の川谷拓三氏のような感じでした。このバンドの初期の名作、フォックストロットをしるのは、ずいぶん後になりました。ようやくこのバンドの偉大さに気づいたものです。わすが影響を受けたベーシストである、メイデンのスティーブハリスもジェネシスやネクターに影響を受けたとよく初期の頃のインタビューで言っていたものです。とにかく、深く研究しないとその作品のすごさはわからないのですよね。英国の音楽は奥深く最高です。
パリの散歩道さんへ
私は楽器を演らないからわからんのですが、マイク ラザフォードのベースが凄いのですか?
スティーブ ハリスやブルース ディッキンソンのジェネシス好きはバーンのインタビューでも書いてありましたね
やっぱり能天気アメリカとは絶対やな違う音ですよ

管理者のみに表示

トラックバック