AEROSMITH『TRAIN KEPT A ROLLING』曲じゃなく、ブートです

ブートって奥深いです。毎回言いますけど、奥深い(^。^)


本日はエアロスミスのブートを提出致します。『TRAIN KEPT A ROLLING』ってのは曲のタイトルですけどここではこのブートレグアルバムタイトルです


こちらがアルバムです o(^_^)o





気色悪いレベルのスティーヴン タイラーのどアップ


裏ジャケのジョー ペリーの写真もなんだかなぁ~です (^_^;)






ただ、中身の方は折り紙つきのSBDです。なんてったって1990年8月18日 キャッスル ドニントンで行われたモンスターズ オブ ロックのものです。


昨年?オフィシャル発売になったホワイトスネイクのDVD+CDのものと同じ日です。


アルバムで言うと『PUMP』発表後のものです。

知ってる方がいると思いますが、当日はなんとジミー ペイジとの共演をしているのです。それが「TRAIN KEPT A ROLLING」と「お説教」です。


••••ってか、「WALK THIS WAY」の邦題が「お説教」っていうのもなぁ (´・Д・)」





本題に戻りまして、、、、だからどうってことは無いんですが、やっぱり歴史的な一夜、特にエアロスミスのメンバーにとってはそうだったはずでしょう


音がサウンドボードなのはいいとして、驚くのは日本語版で解説まで書かれているってことだな。もはやこうなるとオフィシャルではないけどブートとも言えないような••••やっぱ、所詮ブートレグですけどね o(^_^)o


お得意のブックオフにて280円で購入しましたがyoutubeにはフルでアップされてました。悔しいけどそれをのせときます。1時間あるけどね





もう1970年代のエアロスミスと1990年以降のエアロスミスでは別のバンドに近い位違うよね。ポップだもん。



私は復活後のエアロスミスが好きですよ




スポンサーサイト

コメント

復活後
自分も復活後のが好きだったりします。
KISSなんかもそうだけど外部ライター入れてもいい曲を作る姿勢は素晴らしいと思いますね。
自分らだけで作ることにこだわりつまらないアルバムになっちゃうバンドも多いですから。。。
まるさんへ
私たち聴く方からすると、やっぱりつまらないアルバム、つまらない曲は聴きたくないですからね。
ただ、外部ライターを使うと他のバンドとの差別化が難しいからそこはアレンジとかとわバンドらしさを出さなきゃだけど
エアロのブートについて
この音源はジャケ違いで三種類あるので気を付けよう❗
おすすめはコチラ❗
73年ボストン
初来日武道館
87年バージニア
90年武道館
94年ワルシャワ
94年大阪城ホール
94年ボストン
このあとはオフィシャルが多く出てますので。
なお、映像ではナインライブスツアーのはあまり出てませんのでぜひ。
ロック馬鹿さんへ
エアロのことはロック馬鹿さんに聞け!?
とばかり、マジでよく知ってる人だなぁ
たまらんなぁ〜( ´ ▽ ` )ノ
どこかでお会いしたい位のエアロの博士だ
太郎さん、まいど
エアロスミスは、数年前、金沢公演もあったよ。行くほどのファンでもなかったからね。でも、大物アーチストの金沢公演なんて珍しいからね。
パリの散歩道さんへ
金沢公演だなんて、めちゃくちゃレアでしたねぇ〜
でも、逆の意味だと大物だからこそ大きなフルステージでも観たくもなる
贅沢な悩みかも

管理者のみに表示

トラックバック