VAIN『NO RESPECT』歌い方気持ちワル!

うわぁ、気持ち悪い歌い方••••って思いましたよ


俗に言う爬虫類的な、絡みつくような歌い方をするボーカル、Davy Vain率いるバンドVAIN





1989年というまだまだ華やかなハードロック全盛だったアメリカから出てきたバンドです。音楽的にはもしかしたらかなり普通かもしれませんが、何てたってVAINさんのボーカルが特徴ありすぎでして




No RespectNo Respect
(2009/06/01)
Vain

商品詳細を見る




私が持っているのはこの1枚だけですが、この後も何枚かアルバム出してます。


で、聴いて欲しいのがこの気持ち悪い歌い方です。爬虫類的と言われたことを本人も分かっていたようで、PVにもオープニングシーンで蛇が出てきたりします


とにかく絡みつく絡みつく。もう何周も巻かれちゃうんじゃないかって位の絡みつきようで••••


聴いたこと無い人は是非一瞬だけでもいいからボーカルが入る瞬間だけでも聴いてちょ。ハマるかもしれへんでぇ






一瞬だけトリコになりかけましたけど、ならなかったです


だって裸足で歌うから

••••って、関係ないね(by柴田恭兵)





スポンサーサイト

コメント

裸族!?
またまた懐かしいのが登場です!
それこそメタルならぬハイポジのカセットにダビングして、
受験で東京に出向いた際にずっと聴いておりました!!
裸足のメタル族には他にもウィンガー種、
フランクリン種等が確認されております!!!
robokeiさんへ
懐かしいけど、忘れ去られてる良いバンドを紹介するのはが私の役割かと(笑)
イアン 馬鹿んもです、、、ギランでした
太郎さん、まいど
なんかむかつく声だよ。でもこういう歌い方は誰でもできないよ。一応プロフェッショナルと言えるよ。こういう歌い方ではいい曲であっても名曲になることはないであろう。やはり一般的には、ポールロジャース的な声が受けるであろう。
パリの散歩道さんへ
ムカつく声っていうのがわかりやすいかもしれませんね
好きか嫌いかを聞かれなくても嫌いな声でさぁ〜ね(笑)
でも変わった声という意味ではプロだなと

管理者のみに表示

トラックバック