PINK FLOYD『DARK SIDE OF THE MOON』やっぱ凄い•••よ

ピンク フロイドってプログレですけど、プログレってなんでしょうかね







って、考えるとなにがなんだかわからなくなります。

5大プログレでいっても、キング クリムゾン、イエス、EL&P、ピンク フロイド、ジェネシスはそれぞれですし、結局なんなんでしょうか



ピンク フロイドって結局デイヴ ギルモアのギターブルースバンドだっていう気もします。
もちろんロジャー “リチャード ギアそっくり”ウォーターズの哲学があってのことだとはわかりますけど。



Dark Side of the MoonDark Side of the Moon
(2011/09/26)
Pink Floyd

商品詳細を見る



1971年発表のモンスターアルバム。今までにスリラーに次ぐ5100万枚を売り上げたということらしい。スリラーと違って、発表後もずーーーーーーと売れ続けてるのが凄いですよね


海外だとまさに一家に一枚って感じなんでしょうね


先ほどピンク フロイドってブルースなんて言いましたけど、このアルバムはブルースだけじゃなく色々ごちゃ混ぜなアルバム。


ブルースはあるけど、ロックだったり、スキャットなんかもあるし。

レコードに針を落としたら最後、最後まで聴き続けてしまうというCD時代には考えられないアルバム。コンセプトアルバムとかなんとか難しく考えずに聴いても結局通して聴いてしまうという



難しく考えず聴けるから5100万枚も売れてる訳だし。日本人だけかもしれないですよね、難しく聴くのは。


だいたい海外じゃドラッグやりながら聴くバンドだし••••


そんなわけでシングルじゃない曲もいいんで5曲目の「The Great Gig In The Sky」





やらないけど、こんなアルバムをドラッグやりながら聴いたらとろけた頭がドロドロになっちゃうんでしょうね。


聞いたところによると、ピンク フロイドがツアーを始めるとドラッグの売人も一緒に付いてまわるって言ってましたからね••••。

会場はもくもくらしいし ( ´Д`)y━・~~



という、王道アルバムを王道じゃない感想文でやってみました。


スポンサーサイト

コメント

プログレヴューに感謝!?
高校生の頃に質屋で入手したカセット
(LPよりダビングされたモノ)を所持しておりましたが、
当時の私には高尚(!)過ぎてピンときませんでした。
夢劇場がこの世界感を受け入れる素地を作ってくれたお陰で、
プログレの奥深さを堪能出来るようになりました。
決してメトロポリスPtⅡの後半っぽいなんて申しておりません・・・
私のダークなサイドなモン(!)でご勘弁を(-.-)
robokeiさんへ
LPをダビングしたカセットかぁ〜
カセットあってのウォークマンでしたね(笑)
ピンク フロイドってプログレだけどそれぞれの曲が聴きやすいですよね!
こんばんは~。
私の父がピンク・フロイド好きです。
せっかくなのでLPを購入しようかな~。
妄想LP?しぇり子さんへ
LPぃぃぃぃ!!!???
でも、なんかわかる
LPを聴いてた時代が一番音楽に向き合ってたよね〜
でも、しぇり子さんはLP世代かいな?
No title
こんばんは!
私もCD持ってますが、聴いてしまうと何故か途中で止めるのが嫌で結局最後まで聴いてしまいます♪あと「対」も何故か最後まで聴いてしまいます♪フロイドの魔力ですか?(笑)
ぶらうん佐藤さんへ
フロイドのマジックですよ、それは!
聴いてて疲れないからそうなるんですよね
やっぱり凄いバンドだ
て、いうか対もそうなんだ!
太郎さん、まいど
もちろん後追いで購入しましたが、最初は、この良さを理解できませんでいしたよ。しかし、何度も何度も聴くにつれてその凄さを理解するようになりましたよ。しかし、このようなアルバムが売れまくるのが不思議でならない。名盤の誉れを得ると、それが一人歩きし、さらに売れ続ける構図となる。そして永遠に売れ続けることになる。まさに奇跡の作品だ。夏目漱石の「こころ」、三島由紀夫の「金閣寺」と同じことだ。
パリの散歩道さんへ
狂気ですよね、このアルバムは!
難しく聴くと難しいけど身体で聴くと、魂を委ねるとハマる。だから外人に合うんでしょうね

管理者のみに表示

トラックバック