LOU GRAMM『READY OR NOT』歌うまいなぁ

人気バンドボーカリストがソロアルバムを出す場合って、バンドのリーダーと揉めたとか、思い通りにいかなかったとか、エゴとか、バンドの人気を自分の人気と勘違いしたとか


ルー グラムの場合はどれだろう






ルー・グラムの1stソロアルバムは1987年発表されました。
捨て曲はナシというのは実はやってることがフォリナーとそれほど変わらないということかも


なら何故ソロなのか••••なんていうヤボな詮索は無しにして純粋にアルバムを楽しもうと



Ready Or NotReady Or Not
(1990/10/25)
Lou Gramm

商品詳細を見る




フォリナーは基本的にミック ジョーンズのバンド。脱線しますが、彼の能力はVAN HALENの『5150』のプロデュースで実証済み。彼がいるからいい曲がいいアレンジになって本当のいい曲が出来上がるんですね


話を戻すと、フォリナーそのものだけどフォリナーとちょっぴり違う••••けど素晴らしい


こんな感じ。私が何度も言う事ですけどやっぱり上手いボーカリストがいるといないでは同じ曲でも結果が違う


私が上手いと思ったのは、スーパーロック85というぐちゃぐちゃのお台場でフォリナーを見た時に確信


DIOも美味かったけど、上手さの形が違うよ。ルー グラムはブルージーだし。誰も言わないけど、彼もまたポール ロジャース系の最高峰





この曲が売れたのも後のフォリナー解散の原因なんだろうな


今もルー グラム バンドやってるけど。まずはルー グラムが病気を克服したことをお祝いしましょう



スポンサーサイト

コメント

この頃のルーって最高
ソロ1stも2ndもジャケ写キメキメで格好いいんですよね~
ヴォーカルも良いけどライブでの姿も良いんだ^^
当時夜のヒットスタジオへの出演で衛星中継での口パク
あ~あ~と思ったけど格好いいから許しましたw
No title
ルー・グラムはやっぱりトップクラスですね
Mr.Moonlightでの彼の表現力は素晴らしかったです
プロデューサーも大好きなマイク・ストーンでいうことなしのアルバムです
実を言うと現在のフォリナー大好きです
ボーカルのケリー・ハンセンはそこそこですけど2009年に出したCan't Slow Downがビルボード29位と健闘しました
全体的な平均点が高くマイルドな出来でした
このフォリナーのアルバムはベスト以外全部持ってます
jackteraさんへ
へぇ〜、夜のヒットスタジオに出たんですか!
あの頃は、ちょいちょいといろんな人が出てましたよね〜
今思うと、結構いい番組でしたね(笑)
ルーはとてもかっこいい声で、私も大好きです
akakadさんへ
私も全部好きです。
あのアルバムで全米チャートに入ったのは嬉しかったです。決め曲はないけど、バランスの取れたとてもいいアルバムだと。
ミスター ムーンライトも世が世ならもっと売れてるはず
太郎さん、まいど
スーパーロック85に行ったのね。雨でたいへんだったらしいね。ママズボーイズも出演していたね。何かの特番でディオの映像を見て、感動したのをよく覚えているよ。あと、ラフカットもでていたのかな。ジャニスジョプリンのカバーも歌っていたよね。
パリの散歩道さんへ
パリ散さんもういきましたか!
もう、ぐちょぐちょでしたね
仕切りの悪さは凄かったけフォリナーは良かったですよね

管理者のみに表示

トラックバック