DEF LEPPARD『HYSTERIA』は絶品アルバム

デフ レパードの金字塔アルバムと言えばご存じ『HYSTERIA』というのは世界の常識





前作でアメリカの乗り込んだ彼等苦難を乗り越えて発表したこのアルバムですけど、発表当時はその出来よりもアルバム発表までにかかった4年という期間が話題になりましたね





HysteriaHysteria
(1990/10/25)
Def Leppard

商品詳細を見る




製作費も当時でいうと天文学的にかかったというはなし。
曖昧な記憶ですけど400万枚売らないと収支が黒字にならないとかって・・・


凄すぎです


でも発表したばかりはそこまでは売れなかった。

でもめげずにアメリカをグルグル回り続ける日々


でもなかなか爆発力せず



売れたきっかけはビデオクリップ。

その曲とは「POUR SOME SUGAR ON ME」  
とは言っても初めに出したのはメンバーが変な家で演奏してるバージョン。


印象的でしたけどなんだかなぁって感じでしたけど、途中からライブ演奏バージョンに変更したとたん売上に火がついたと



と、書けば「POUR SOME SUGAR ON ME」にしたいとこですけど私がこのアルバムで一番好きなのはタイトルトラックの「HYSRERIA」なんです。

優しいギターのリフレインがたまらんのです







後で気づいたのですけども、デフ レパードプロデューサーのマット ランジってAC/DCのプロデューサーだったんですね。その後はブライアン アダムスとか


プロデューサーって大事ですね(笑)


このアルバムいつ聴いても、何度聴いても飽きませんね


凄すぎちゃう



スポンサーサイト

コメント

良いアルバムだ~
Def Leppardの最高傑作ですな~Robert John "Mutt" Langeこの人は凄いですよ。
80年代ならForeignerの"4"、The Carsの"Heartbeat City"もこの人のプロデュースです。

関わったアーティストの一覧みるとビビリまっせw
あ~まげどん~!?
いっと!
私のフェイバリット♪
ビバ!!
jackteraさんへ
そうなんですよね!
もちろんアーチストは凄いけど、その凄さを凄いやり方ドン引き出したプロデューサーも同じく凄い!
AC/DCもだし。なんなら一回だけブライアン アダムスも
みんなスゲーアルバムばかり
robokeiさんへ
私も結局よく聴くアルバムだ
それが答え〜だ!
No title
ヒットしましたよね♪久しぶりに聴こう♪って思いました。
プロデューサーが変わった途端にテイスト変わりますもんね。
No title
こんばんは~。
私は高校生の時に
ヒステリア初体験。そして
今もよく聴くアルバムです!!
RunRiotが大好きです♪
wanco.さんへ
隙が無いけど、それがイヤミじゃないっていうまさに神がかったアルバムですね
凄すぎ!
妄想しぇり子さんへ
作り込まれたアルバムなのに、人間味溢れるという感じ。
言っちゃあなんだけど、こんなアルバムを作ったらその後に超えるのは無理だよぬ(笑)
太郎さん、まいど
炎のターゲットから入り、大ファンになったわす。このアルバムが発表されたときは、なんかいまいちな感じがしたよ。音がなんな軟弱な感じでいまいちだったよ。しかし、聴きこむこと10年でその良さを理解できたよ。わすもタイトル曲のヒステリアがいちばん泣ける名曲だと思っているよ。
パリの散歩道さんへ
こういう曲が書けるのがやっぱりイギリス。
アメリカ人にはかけないですよね〜
だから、たんに聴きやすいとかコマーシャルだけにならないから10年経っても、もっと経っても名盤。飽きないです

管理者のみに表示

トラックバック