NEIL YOUNG『AFTER THE RUSH』しみじみと

時代によってニール ヤングに対する印象って違います





あるときはアコースティックな優しいイメージ

あるときはグランジの父とい激しいイメージ

あるときはクロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング


私が好きなのはアコースティックな時代の2枚『AFTER THE GOLD RUSH』と
『HARVEST』ですねぇ



After the Gold RushAfter the Gold Rush
(2009/07/20)
Neil Young

商品詳細を見る




このアルバムの優しさと切なさと愛しさはそれはもう絶品



何故にもこんなに優しい声がだせるのか


「ONLY LOVE CAN BREAK YOUR HEART」はテレビのBGMだったりドラマで聴いたことあるかもですけどね






寝るときの子守唄で聴いてます、よく寝れますよぉ



でもこのアルバムに収録されてる曲「SOUTHERN MAN」では痛烈に南部の人種差別を批判してます。



でもって、この曲というか、ニール ヤングへの南部からの回答として書かれたのが
レイナード スキナードの「SWEET HOME ALABAMA」だっていうのは有名な話。







レイナード スキナードはこう歌ってます(笑)




そうそう、ぼくはヤングさんって人がこの土地について歌ってるのを聴いたよ

あゝ、おいぼれニールがこの地をこき下ろすのを聴いたんだ
まあね、ぼくは願ってるよ、ニール・ヤングが覚えていてくれるのを

南部の人間は、いずれにしても
貴様のことなんかは必要としていないんだってことをな



言ってますね(笑)


でも後の話ではレイナードスキナードとニールヤングにはわだかまりは無いみたい





仲良くしましょうね(*´∀`*)ノ


スポンサーサイト

コメント

No title
大胆かつ繊細なアコギがいいですね

弱いフィーリングのボーカルも

味わい深くて

さすがです
晩 ヘレンさんへ
弱々しいボーカルがたまらん。細いんですよね(笑)
時代によって音楽性が変わるのがニール ヤングです。
夜中にしか聴きません
No title
ヤングは90年代辺りが好きです
Sleeps with AngelsとMirror BallとRagged GloryとFreedomが特に好きです
Transもなかなかです
最近だとThe Monsanto Yearsが1番です
あとBuffalo Springfield時代も
70年代の作品は合いませんね
akakadさんへ
ヘェ〜!です。
挙げてもらった、殆どを聴いたことないという(笑) そんな私です。
akakadさんからは、マジで知らないことを色々と教えてもらえて嬉しいです。

管理者のみに表示

トラックバック