ALCATRAZZ『ARIZONA NIIGHT』でグラハム全開!!

やっぱりグラハム ボネットいいなぁ





特になんと言ってもアルカトラスっしょ



CDフェアを覗いたら、アルカトラスの『ARIZONA NIIGHT』っていう定番ブートレグあったから
購入してしまった






当然、イングヴェイ 丸豚になる前ですティーン在籍の頃。

ヴァイ師匠のも欲しいんですけど、なかなか無いのさ



どんな内容かはメーカーインフォを見てちょ



衝撃の日本公演から1ヶ月後の定番音源の1984年2月26日アリゾナ公演をロー・ジェネレーションのマスターを使用した臨場感ある高音質オーディエンス録音で74分に渡りほぼ完全収録。
使用したマスターはレンジは狭いですが、インギーの弾くギターが凄まじいほど生々しく収録されていて、全ての音が聴き取れるほどの高音質なリアル・サウンドでそれだけでも購入価値があります。
小規模な会場でのライブながら、序盤からたたみ掛けるようなインギーの高速プレイにグラハムの調子も良く、それに応えるように力強いエネルギッシュな歌声を聴かせてくれます。


ご存知の通り、ソロからもレインボーからもマイケル シェンカー グループからの曲もやってます


01. Incubus     
02. Too Young To Die, Too Drunk To Live
03. Jet To Jet      
04. Night Games
05. Island In The Sun    
06. Desert Song
07. Kree Nakoorie    
08. Guitar Solo
09. Since You Been Gone    
10. Suffer Me
11. Hiroshima Mon Amour    
12. Lost In Hollywood
13. Evil Eyes      
14. All Night Long

Live in Tucson, Arizona, USA 26th February 1984



イングヴェイ 丸豚になる前スティーンが弾きまくってますけど、
それ以上に凄いグラハム ボネットのボーカル



日本公演とは違って高いキーも出てるでぇぇぇぇぇ(笑)



その音源はyoutubeに無いから同じ時期のアメリカのテレビショーでのライブ


1曲目でいきなりグラハムは構成を間違えて、間奏の時に2番の歌詞を歌いはじめてます(笑)


照れ隠しに後ろを向いてる可愛いグラハム ボネット







声がたまらんです。

ハードロックが好きじゃ無いってのもいい。

職業としてのハードロックシンガー





それにしても短髪って(笑)







どんどん脱いでますなぁ







二人組の時期もあったっし・・・ん



・・・って、もはや横山やすしでもなくなってるし・・・(;^_^A








とにもかくにもこんな素晴らしいハードロックシンガーって他にいますか




・・・・いるか・・・。+゚(゚´Д`゚)゚+。


いるよな(笑)   そりゃ(笑)




太平サブローシローっておもしろかったなぁ




バイビーーーーーー




スポンサーサイト

コメント

ヒロシマモナムール!
イングヴェイの衝撃・・・
グラハム短髪の衝撃・・・
師匠白蛇加入の衝撃・・・
後に即刻解雇の笑劇・・・
後のインギーは笑劇・・・
おはようございます。
コージーが好きだと、必然的にグラハムも好きになります。
私は短髪で、カラフルなスーツ姿、好きです。
お返事
robokeiさんへ
この中で一番の笑撃は丸豚さんなんでしょうね!
写真は必ず頬をすぼめて、しかも修正って。
だったら痩せろよと!

妄想しぇり子さんへ
私は初めてピンクのスーツを見た時、びっくりしましたね。
往年の漫才師でもなかなか着こなせないっす。
もしもペリーさんなら着こなしますかね(笑)
No title
グラハム、男前ですよね~もし長髪だったら、もっと人気でたやろなぁ~って思ったりして・・・ファッションも独特でしたけどね。
そういえば、ロブ・ハルフォード氏も長髪じゃないけど、カッコいいですけど。

くくくっ)^o^(
”イングヴェイ 丸豚になる前スティーン”
あんた痩せろよっ!っておもいますよね~ナルシストそうなのにね。
wanco.さんへ
多分丸豚さんは自己管理出来ないただのデブなんでしょうね(笑)
今度、レミーANDマイケル シェンカーの写真アップしますよぉ
wanco.さんもハードロックネタ投入お待ちしてまーーーーーす

管理者のみに表示

トラックバック