最高だった マンハッタンコンビ(初代)オートン&アドニス

ツッコミどころ満載だったのにそれを吹き飛ばしてしまうほどのインパクト


それがマンハッタンコンビ(初代)
・・・(初代)ってのは二代目があるから



で、アドリアン アドニスとカウボーイ ボブ オートンの話








アドニスと





・・・ってか、いきなりオチを出しちゃいましたけど的な (゚O゚)\(- -;


当時はコッチ












の2人です(笑)






いやぁ衝撃的な強さとそのアンバランスな2人の姿と息のぴったりのコンビネーション技(まだツープラトンなんていう表現すら無かった時代)


正直言ってカッコ良い顔では無いし、アドニスなんて言っちゃなんだけどデブ(笑)


でも、タッグチームとしてのコンビネーションや、技の多彩さやかっこよさはグラハムボネ太郎の考えるタッグチーム史上No.1。


鶴龍でも超獣コンビでもウォリアーズでも、ましてや極道コンビでもタッグチームとしては彼等の下の位置付けだと思う
(極道コンビだけは並んでるかな・・・ウソ



ボブ オートンがバックブリーカーに構えてからのそこへのアドニスのトップロープからのエルボーなんて凄すぎ



私の評価は新日本でのアドニス、全日本でのテリー ゴディが当時の新星としては同等。いや、アドニスが上だな


もう一回見たいなぁ~。全日本プロレスファンの私もこの2人は大好きだった


で、ツッコミどころの話

①マンハッタンコンビなのに1人はカウボーイじゃんか

・・・・ってか馬乗っとるやん





②衣装バラバラやん

③アドリアンじゃなくって、本当はエイドリアンやん







でもいいんです(笑)


好きだから


でも彼等の試合がヒットしなかったからアドニス対アンドレっていうこれまた素晴らしい試合を見よっと






でもって、アドニスはオカマレスラーに


ボブ オートンの息子はランディ オートンで現在もWWEのトップレスラーなのはみなさんご存知・・・三代目です






というわけでボブ & ランディ オートン






超似てるんですけど・・・的な(笑)



ちなみに二代目マンハッタンコンビとはアドリアン アドニス&ディック マードック






・・・ってこれまたニューヨーク関係無さすぎやん、マードックって



昭和のプロレス万歳


スポンサーサイト

コメント

お久しぶりです
目を引く記事だったので思わず反応してしまいましたw
自分もこのコンビ好きでしたー
ツープラトン攻撃は維新軍なんかもパクってましたね。
オートンがヤクザと揉めてそれ以降来日できなくなり「空中分解→マードックとのコンビ」になったんでしたっけ。残念です。
自分はマードックとのコンビも好きでしたが、アドニスは後に「マードックは年上だからやりにくかった」って言ったみたいですね。
暴走狼と呼ばれてましたけど実はこの革ジャンキャラもハードゲイなんですよねw
まるさんへ
まるさんもマンハッタンコンビのファンだったなんて、嬉しいですね
へぇー、オートンがヤクザともめた話は知らなかったです(笑)
ああいう世界だから色々あるんでしょうね(笑)
あの頃のプロレスは本当に楽しかったと思う今日この頃です!
ボブ・オートンJr.の馬が入場途中でフンをする
心温まる話が涙を誘う・・・
ボブ・オートンJr.はアトミックドロップから相手を離さずにバックドロップに繋げるとか凄かったけど・・・最後は初代海賊男(猪木を除く)。自分としてはマードック&アドニスの方が馴染んでたな~。マードックが先輩風吹かしてたらしいけど。
地味JAM尊さんへ
あらためて、ボブ オートンは凄く好きなれすらでした。
たのスタイルは、ハイパーレスリングになってしまった新日本には合わなかったけど(笑)
海賊男かぁ、残念な使い方だよなぁ〜
太郎さん、まいど
アンドレを初めてテレビでみた時の衝撃を思い出したよ。ロープをまたいで登場する様は、それだけで興奮したものだよ。とりわけ技があるわけでもないが、存在しているだけで、インパクトそのものだったよ。むかしは、本当に個性的なレスラー、ミュージシャンが多くいたもんだよ。
パリの散歩道さんへ
時代ですよね。
ネットが無いから、まだ見ぬ強豪がたくさんいたし、だからこそ見た時のインパクトはとてつもないですからね!
レスラーもロッカーも、まずは存在感が大事だけど、もう無理な世の中ですね。
私も、キッスやイエスの1988年?の来日はたかが10年ぶりだったけど、初めて見る本物に興奮したもん

管理者のみに表示

トラックバック