GARY MOORE『RUN FOR COVER』でしょ!

でしょ! ってなんだ!?(・_・;?







伊藤政則曰く、「また御大の悪いクセが出た」と言うムラのあるアルバム『RUN FOR COVER』


で、でしょって言ったら、私的には実はグレン ヒューズなんだけど


世間的に言ったらフィル ライノット!







グレン ヒューズの超絶ボーカルについては後にブログったりすることにして、今日はキノコ頭さん





もう一曲の方はかなり有名だけど、私はコッチも好きなんで



「MILITARY MAN」です






フィル ライノットの良さはコッチの方が出てるような気もする



もう一曲は「OUT IN THE FIELD」



ちなみに、私はとっくに売っぱらいましたが、2枚のシングルを組み合わせるタイプのピクチャーレコードがありました













になりました(笑)



私としては、評価の高い次のアルバム『WILD FRONTIER』よりもこのアルバムの方が好きっす( ´ ▽ ` )ノ







スポンサーサイト

コメント

太郎さん、まいど
ごぶさ。このアルバム、わす的には、リアルタイムなので思い入れがあるよ。その通り、この作品での、グレンヒューズのボーカルの秀逸ですわ。この頃のグレンは、トニーアイオミブラックサバスのセブンススター、フェノメナなど、素晴らしい作品を生み出しました。グレンのいちばん冴えわたるボーカルが聴ける時代と考えます。ほんま、神がかりの声ですよ。
パリの散歩道さんへ
ゲイリー ムーアも最高ながら、このアルバム(パリの散歩道さんが言う通り)、この時期のグレン ヒューズは凄いですよね!
今年最後にパリの散歩道が来てくれて嬉しいです。また来年もよろしくお願いします!

管理者のみに表示

トラックバック