GRAND FUNK『SHININ' ON』で売れ線絶好調!!

デジャブか?(理由は最後に)



この時期はグランド ファンク レイルロードではなくグランド ファンクです。


だから3人じゃなくって4人の時代





暴走列車じゃなくなって、大衆路線まっしぐらの時代





・・・ってか、大衆路線って なんだ


トッド ラングレンがプロデュースしたってことですけど、実は大衆路線どころか結構地味だと思う



大衆路線はロコモーションだけっす。
ただこの曲だけは超大衆路線(笑)


1974年発表の『SHININ' ON』です






アルバム自体は全米5位ですがなんてたってシングルの「ロコモーション」が全米1位ですからまだまだ人気絶頂の頃。向かうところ敵なしの最後の時代


私にとっては、マーク ファーナーのバンドってイメージですね


さっきも書いたけど、実は結構地味なアルバムでして、下手すりゃ「これはプログレか」なんて曲もチョイチョイ入ってる。


アレンジの問題なんだろうけど、これこそトッド ラングレン効果なのか逆効果なのか(爆笑)



コッソリと好きなのは「GETTIN' OVER YOU」というシングルでもなんでもない曲







以前のグランド ファンク レイルロード時代を思い出す、これぞアメリカンロックっていう曲でしょ


でも、やっぱりこのアルバムの紹介だったらこの曲「ロコモーション」は外せないのでライブバージョンで。


スマップ起用したソフトバンクのCMで使われたのもいつのことだったかな


「THE LOCO-MOTION」





アメリカンロックって、人によって色んな定義だったりバンドだったりするけどグランド ファンク(レイルロード)をアメリカンロックじゃないって言う人はいないやろな


いてもいいけど・・・





どのアルバムもグッドな彼らを集めてみるのもいいかもね、かもね、SOかもね(by シブがき隊)






ちゃお



って、全部書いてなんか変な感じがして思い出したけど、3月14日に同じネタで書いてるじゃん


俺ってバカバカ´д` ;




スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック