そして、ダニー スパイビーを思い出した(笑)

おととい、スパイダーを紹介してたらフッとスパイビーを思い出しちゃた(笑)





そんな人って俺だけだろうな(爆笑)



ダニー・スパイビーっていうと一時期全日(何度も言うけど全日本プロレスのことね)は1990年代前半の外国人四天王の一人だった。


馬場さんが大好きな巨体だったし技もいろいろあったし・・・特にスパイビー・スパイク(DDT)は強烈だった。


確か全日に初来日したのって1988年頃。すぐにスターになったわけじゃなくって、しばらく経ってハンセンのタッグパートナーに指名されてからだった


で、テリー ゴディ、スティーブ ウィリアムズ、スタン ハンセン、そしてダニー スパイビーという外人四天王というポジションに


やったーーでしたね



なんかいつも口を開けてるイメージがあるけど、そこはあまり憶えてない



ただ、馬場の推しメンだったことがわかるのがスティングとの日本武道館での一騎打ち
(グラハムボネ太郎は観に行ってます!)



WCWのトップレスラーのスティングが特別参戦したこの日本武道館での決戦に対戦相手として出ただけでなく・・・


(まあ、見てください。もし何なら早送りで結果だけでも)






・・・勝っちゃうんです


もう一回言いますよ


スティングに勝っちゃうんです


スゲーっす



でも、禿げてきたのと、そもそもファイトスタイルがもっそりしてたんで段々飽きられて


WWFへ(ダメでした)

そして

WCWへ

何とここでは売り出し中のレックス ルーガーと一騎打ちへ*\(^o^)/*


全日仕込みのレスリングテクニックで、でくの坊のボディビルダーのレックス ルーガーを引っ張って試合にしてあげた


ダニー スパイビーが凄いっていうよりも全日凄いんだなと


昭和の全日本プロレス万歳
スポンサーサイト

コメント

レックス・ルガー
ただの、でくのぼうは言い過ぎでは。
一応あれでも、元はWCW世界ヘビー級チャンピオンですよ!?
新日本の91年G1覇者の後のNWA世界ヘビー級チャンピオンでリック・ルードにも勝った、蝶野正洋をチャンピオンとして、ドームで倒した実力を持ってて、94年のロイヤルランブルではブレット・ハートと同時優勝する程の、実力なんですよ!?
それでも、でくのぼうですか?
黒のショートパンツだ~
ラジャさんのお古みたいなブカブカのタイツはいてませんでしたっけ?

スパイビースパイクやるとき、もっと指クルクルしてませんでしたっけ?

この日の解説はゴングのタケウチ宏介さんではなく、竹山さんって…誰ですか?
ロブ・マニアさんへ
おっと、こちらはごめんなさいだな!
レックス ルガーのファンなんですね。ちょっと言い過ぎました>_<
WCWのレックス ルガーや、WWFのアルティメイト ウォリアーなんかは同じ感じに見えちゃうのだよ。
プロレスラーだから、レスリングをしろとは言わないけど、受け身を取れない、相手の技を上手く受けられないを称してい、でくの坊と書いちゃったと。
本当のでくの坊は、猪木と異種格闘技戦を戦ったミスターXでした(笑)
地味JAM尊さんへ
ゴングの竹内さんの若干早口な解説が好きでした。でも、山田隆さんも、田鶴浜さんも、みーんな好きなんだ!

管理者のみに表示

トラックバック