UFO『NO HEAVY PETTING 』猿?

UFOを聴くということ・・・


それはどういうことかな?




人それぞれだけど私にとっては「フィル モグを聴くということ」





ミハエル シェンケルのギターではなく、フィル モグ




だからミハエルがいなくなってもUFOはずっと好き





てなわけで今日はマイケル シェンカー時代でも1番人気が無いだろうアルバム『NO HEAVY PETTING 』通称『猿』から



この前の2作やこの後の2作は人気でいろんなレビューあるけど、この『猿』は人気が日光の手前・・・



・・・今市ってこと(北関東では定番のネタですけど知らないだろうな)





好きな曲色々あるけど「CAN YOU ROLL HER」はその中でも上位





カッコいいっしょ
疾走感がたまらんし、実はドラムが最高


余談ですけど私はTHIN LIZZYのブライアン ダウニーが好きですけどUFOのアンディ パーカーも大好きなドラムのスタイルです。





ちなみにこの曲の邦題は「電撃のロックンローラー」といういかにも70年代的な感じ(笑)





この時期のマイケル シェンカーのギターは神がかっているけど、やっぱり凄いのはフィル・モグのヴォーカルだと思う




これこそがフィル モグだ


こういうのがUFOを聴く意味だったりする




スポンサーサイト

コメント

邦楽ファンには通じない
UFO、と言うと、すぐ「ピンクレディー?」と聞き返すヤツが多く、ムカつく
No title
UFOは

やっぱりフィル モグですね

マイケルは凄いけど

バンドとして考えれば


彼に座布団一枚です

ロック馬鹿さんへ
え”ーーー((((;゚Д゚)))))))
UFOといえばマイケル富岡だと思ってました
(偶然にもマイケルでびっくりです)
晩 ヘレンさんへ
フィル モグは天才じゃないけど、絶対に最高のロックボーカリストです。
味わいが深すぎる。上手い下手では語れない
ピートさんも♪
ミハエル(笑)の白いブーツが時代ですがモグさんのチビジャケも凄い^^
脱ぎたがりバンドではGFRといい勝負でしょう。

このアルバムは例のライブ盤と曲が重なっていないので必携かと。。
モグさんの節回しはデフレパのジョーが絶賛していましたよ~クセがありますよね♪
ピートも大好きなんで影響された、とリンクしておきますよん☆
太郎さん、まいど
超、ごぶさ。しばらくぶりで、ごめんごめん。この名盤、何回聴いたであろうか。UFOの最高傑作と言えます。最後の、火星の風景、マーティン・ランドスケープという曲も大好きだよ。モグのボーカルが切なくしびれるよ。今月、26日、歴代ボーカリストが登場する、マイケルシェンカーフェスト、札幌公演に突撃するよ。ゼップ札幌だよ。休みの関係で、札幌公演を選ばざるをえなかったよ。北陸から航空便で突撃だよ。札幌のホテルも観光シーズンでぼったくり価格だよ。シングルで3万円近くだよ。航空券もかなりの早割で往復4万円以上だよ。ゲイリーバーデン、クリスグレン、テッドマッケンナに会えるのを楽しみにしているよ。
ジミーさんへ
今更ですけど、お返事です(笑)
脱ぎたがりは多いですね。心情的には身体を鍛えたマッチョが見せたい為に直ぐに上半身裸になるみたいなもんですね。
ちなみにグラハムボネット師匠も脱ぎたがり(笑)
パリの散歩道さんへ!!
キターーー(((o(*゚▽゚*)o)))
待ってましたよ、待ってましたよ!
何してたんですか?
わすを待ってましたよ!
急にコメントかと思えば、過去のだっていう(笑)
でも、私はわすが来てくれたのが最高に嬉しいっすよ(^o^)/
マイケルに10万円ですね。高いか安いかはパリの散歩道さんの楽しみ方次第ということ
またチョイチョイ遊びに来てちょんまげ!です

管理者のみに表示

トラックバック