BISCAYA『HOWL IN THE SKY』わかりやすい一発屋

うぉぉぉぉ

BISCAYAキターーーー

北欧の戦士キターーーー





いるだろうな(笑) そんな人





今頃こう言ってるはず・・・



なんて言う曲だったっけ

1曲だけ、そう本当に1曲だけ伊藤政則がよくかけてた曲あったんね

なんて言う曲だったっけ






お答えいたしましょう(笑)

その曲は「HOWL IN THE SKY」です






そうそう、これこれ。
当時、伊藤政則がロックトゥデイよくかけてたよね~。


っていうか、その番組以外じゃ聴いたことないけど・・・



てか




という会話が絶対に聞こえてくるBISCAYAのファーストアルバムにてラストアルバム、つまり1枚だけしか出してないのね



それが『北欧の戦士』





1983年というからヨーロッパと同期ってこと


・・メタルバンドに同期って言わないけどね。

で、片一方は3作目で世界制覇して、こっちは1作だけ



メンバー写真もヒットしないから裏ジャケでスマソです(笑)






一発屋扱いされてます。
なんてったって「HOWL IN THE SKY」って曲だけって言われてるからね。


でも、実はこの曲だけの一発屋じゃないんです、






「えっ もう1枚アルバムを出してるなんて聞いたことないけどなぁ~」

「っていうか、そもそも1983年以降でBISCAYAの話自体を聞いたけどないぜ」





ですよね~、おっしゃる通りです。アルバムはこれっきりです。


実はこのアルバムにはまだ名曲見習いみたいな曲があるんです


私を含めて、世界480人のBISCAYAファンの方々も気づかなかった曲が。


私もCD再発時に気づきました、、(笑)


それがこの曲「SUMMERLOVE」


切ない感じのコーラスがたまらん、ギターも泣いてまーす。

サマーラブですけど、そこは北欧です。誰もいなくなった浜辺だったり、寂しい湖畔で儚くも散ったひと夏の愛を歌ってる・・・んでしょう。歌詞がわからんもんでとりあえずそういうことにしときましょう(笑)





どうですか、



世界480人のBISCAYAファンの皆さん、目を覚まして下さ~い
(by 小川直也)



泣けた



一発屋じゃなくって二発屋でしょ












スポンサーサイト

コメント

きたぁ~!
もっもっもっ!もってるぅ~(持ってた?)

中古屋で手に入れた時、手が震えた(あまりのジャケのだささに?)もんね。
完全、ジャケ買い!でも中身も良かったですよぉ~
wanco.さんへ
B級? C級?
なんでもいいけど、この辺のバンドって妙な魅力があるよね(笑)
たま〜〜〜〜〜〜〜〜に聴くと、しばらくハマり、またしばらく忘れる。そんなレベルのバンド達(笑)
持ってた!だろうな(笑) でも同志って感じで嬉しいなぁ〜
弱々しい北欧の戦士^^
これは名盤だと思いますが軽音のメタル同好会みたいな、特にKEYの雰囲気はヤバいでしょう。せめてマジソン位の容姿であれば。。。

ご指摘の2曲の他にも"ウィークエンド"なんて面白い曲があったりして少なくともヨーロッパの3rdよりは聴きます^^
ジミーさんへ
弱々しいです。ジャケットに偽りありです。
でも、だからいいんです。あの頃はこれがいいのです。
まだ見ぬ北欧に憧れました。ビスカヤって名前がまたB級でなおよろし。
うぉぉぉぉぉぉぉ❗️って、きましたか!
持ってるよ
メールで画像送ったよ
ロック馬鹿さんへ
持ち歩いてるんですかぁ〜(笑)
ロック馬鹿にふさわしい馬鹿さ加減ですよ、そりゃ(爆笑)
ビスカヤ(T_T)
こんばんわ^^
ビスカヤ懐かしいですね。
なんかの雑誌で名盤扱いされててCD化された時買ったけど2,3回聴いて飽きたw
引っ張りだして聴いてみまーす^^;
まるさんへ
買ってましたか!?
というより、まだ持ってましたか!?
思った以上にビスカヤでの反響率にびっくりです。マニアックな方々に支えられて私のブログがあるんだなぁって実感してます。
ビスカヤありがとう!っか(笑)

管理者のみに表示

トラックバック