BRIAN MAY『BACK TO THE LIGHT 』か弱い声のブライアンさん(´・_・`)

もう何度も言ってますけど、クィーンのハードロック部門担当のブライアン メイさん、声弱すぎ(笑)


前にも書いてるけど



ブライアン メイは歌わないでちょの巻



もうとにかくか弱すぎ(; ̄O ̄)


ハードロック好きなのに、か弱すぎ





そりゃ期待したよ


フレディーが亡くなって
クィーンが亡くなって



で、まずはブライアンが立ち上がってソロアルバム出しますよ



って言われれば、期待する


俺様コージー パウエルが参加だなんて言われれば、めちゃくちゃ期待する





で、コレです




出ましたよ、こちらのアルバムが


聴きましたよ、こちらのアルバムを


弱っ

ブライアン メイのボーカル、弱っ


曲はいいんです(笑)
曲はいいんです(笑)


でも、ブライアンの声、弱っ( ;´Д`)


そう言えばクィーンの時でも、曲としてハードロック的なのは書いてるけど歌ったのはフレディー マーキュリー



・・・忘れてました



シングルは「DRIVEN BY YOU」





とてもいい曲ですけど

ブライアンじゃ・・・


正直言って、誰か専任ボーカル入れてれば名盤だったかも


でも、やっぱり自分で歌いたい!


ハードロックを自分で歌いたい!


アカンですばい



餅は餅屋です


スポンサーサイト

コメント

その「弱い系の声」が
「Too Much Love Will Kill You」で亡くなったフレディに対してのメソメソ感が出てて、普通に感動しておりました。
後に「フレディの声を入れたToo Much~」を聞いた時に、誰に対してToo Much なんだよ!」と吠えてました。

せ~の~How Much!なんつったってヘイちゃん。  合掌…
こんばんは
おお。これ知らなかったです。
ハードロックと思わなければ・・・フレディと比べなければ・・・けっこういいじゃないですか♪

90年代とは思えない甘味のあるレトロ感。
声もどことなくチープトリックのような甘味があるし、上手すぎないところが青春感というか。

フレディが魚介豚骨なら、これはカップスターしょうゆ。

というか・・・なんか、すげえ細かいギター弾きながらよく歌えるよな〜と思ったら、みなれたモンキーグリップ・・・

ヴァイ?

ヴァイがバックギター弾いてるよw

すごい!!

これはこれは面白い一品をありがとうございました!
地味JAM尊さんへ
私も篠沢教授に1000点。
フレディ版のは、歌が強調されすぎて、逆にいい曲では無くなってるから不思議
どなどなさんへ
ブライアンの繊細な感じがぴったりの曲。
ブライアンのこのタイプの曲は、たまにグイッと心に響く
ゲームに入ってる「SAIL AWAY SWEET SISTER」なんかはまさに!
No title
こんばんは~。
はじめて聴いた時
「蚊の鳴く声とはこの事だ・・・」
と、思った次第です・・・。
コージーの俺様ドラムに
押されっぱなしです(笑)
やっぱり本業を
本人もヴォーカルは無理だと分かって居てもソロだと歌いたくなるのでしょうね。
Brian Mayに限らずNeal Schonも歌は弱いですからね~昔のソロアルバムでは
頑張って歌ってたけど最近のソロアルバムはギター弾き倒す事に決めたようです^^
妄想しぇり子さんへ
蚊の鳴くような声とはまさにブライアン メイの事を言うんだと思いますよね!
コージーの剛に対して、あれ程までの柔で戦いを挑むとは(笑)
つうか、その戦いでさえも、コージーまで届いてないかも(爆笑)
jackteraさんへ
ブライアン メイの本業はギター版津軽じょんがら三味線ですか?

管理者のみに表示

トラックバック