PAT TRAVERS BAND『CRASH AND BURN』はちょっと80年代過ぎな音

超名盤「PAT TRAVERS BAND LIVE! GO FOR WHAT YOU KNOW」に続くスタジオ録音盤が本作なんすけど、そもそもパット トラヴァースなんて知ってる人はいるんでしょうか?





かっこいい写真じゃありませんか



でも、前にパット トラヴァースを書いた時には暖かいコメントもらいました(笑)


パット トラヴァースのお話


前作か大ヒットした後、パットさんが考えたのは、
「そろそろ外壁リフォームしないとアカンで」
「サイディング工事、安くしますよ」






壁の張り替えしませんか?
今なら400万で(笑)











スマンです、
パッとサイデリアでしたm(_ _)m




今回のアルバムはなんと、キーボードをたくさん使うという、ギター二人のバンドにあるまじき行為をしてます

代表曲「SNORTIN' WHISKY」もこのアルバムに入ってますよ


正直言って、ちょっと迫力不足は否めない(^_^;)



BORN UNDER A BAD SIGN」(クリームもカバーしていたよ)はなかなか






でも、これだとせっかくのトミー アルドリッチの姿が見えないから『CRASH AND BURN』も






パッと、トラヴァースぅぅぅぅ





スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック