HR/HM Cの記事 (2/4)

CRIMSON GLORY『TRANSCENDENCE』の名曲といえば

前にも言いましたが

クリムゾン グローリーが好きですの巻


私は、クィーンズライクよりもクリムゾン グローリーの方が好きです。

私は、ジェフ テイトよりもミッドナイトの方が好きです。

私は、ウルトラマンよりも真夜中シルバー仮面の方が好きです。





だって、その位に衝撃的だったんだもん







クリムゾン グローリーのデビューが



クィーンズライクのデビューも世間的には衝撃的だったろうけど私的には「だったらジューダス プリーストを聴くよ」でした(笑)



クリムゾン グローリーのデビューは世間的にはお笑い扱いもあったけど私的には「だったらクィーンズライクを聴くよ」とはならなかった(笑)



これはもう、好みです。
間下このみです。
ガンバレ玄さんです。







違いますね(笑)



違いすぎました_| ̄|○







一般的にはこちらのセカンドアルバムの方が評価が高い



私はファーストの方が好きだけどね



それでも完成度は抜群に高い



伊藤政則がアルバムのライナーノートにこんなことを書いている



「クリムゾン グローリーのセンセーショナルな登場背景には、多くの歴史を凝縮し、そして踏襲した色彩感覚があった。しかも、彼らの仮面には単なるギミックてはなく、サウンドに明確に反映されたイデオロギーに直結するものとしての重さに満ちていた。子供騙しではなかった。比類なき実力保持者であったから、その仮面は意味を持ったのである。」




誉め殺しですが・・・



仮面は単なるギミックだった(笑)
子供騙しだった(笑)
仮面は意味を持ってなかった(笑)




って私は思う(爆笑)




なんだか凄く安く感じるからね








・・・だもんね(爆笑)



好きな曲は「LADY OF WINTER」





間下このみの問題だけど(クドイって)この系のボーカルではジェフ テイトよりもマイケル キスクよりも私はミッドナイトです








CINDERELLA 1990 東京ドームのライブ盤

行きました。

東京ドームに行きました。





ボン ジョヴィ
シンデレラ
スキッド ロウ
クワイアボーイズ



いい時代やなぁ~



こんな面子で年越しライブをするなんてね







友達と行きました。

2年連続で行きました。


私は、ボンさん御一行が好きなんですが、シンデレラもそれに負けて劣る位好きなんです。






スキッド ロウはもっと劣るし、クワイアボーイズなんかは劣り過ぎて眼中に無し。


懐かしい言葉で言うと、「アウト オブ 眼中」




んな、東京ドーム年越しライブがオフィシャル ブートレグでCDになってるんで買いましたよ



『Authorized Bootleg - Live/Tokyo Dome - Tokyo, Japan Dec 31, 1990』






思い出が蘇るね、こういうのは


「COMING HOME」も好きな一曲です






もはやハードロックでもないかもしれないけど、なんだか沁みる曲です


もっともっと続けて欲しかったバンドです。







この頃は、男二人で2年連続で東京ドーム年越しライブを見て、そこから浅草の浅草寺に初詣というのをしてました



だから、夜中3時位から朝まで浅草で飲んだくれてました


懐かしいなぁ~



初詣で浅草はとてもいいですよ



飲めるから



THE CROSS『BLUE ROCK』普通にロックかな?

クィーンのロジャー テイラーが結成したバンド、ザ クロスの3作目にしてラストアルバム





終わって欲しくなかったなぁ~





クィーンを辞めてまでとは言わないし、クィーンよりも良いとか悪いとかじゃなくって、続けて欲しかった


ファーストこそ、なんだか意味のわからない出来だったけど、2作目からは、普通にロックなアルバムとして楽しめた



けど、終わっちゃった



ロジャーには、ロックンローラーっていうイメージが強いと思うんだけど、実は全然そうじゃない



全然そうじゃないっていうのは、その曲の暗さがそうさせるのかも



とにかく、アメリカ人みたいなただノリ一発だけのロックな曲は殆どなくって、とにかく暗いよ


「AIN'T PUT NOTHIN DOWN」なんかもそうだよな





だから、結構期待外れのアルバムが多い。


それは曲の出来の話じゃなくて、単純なロックがあるかないかの話


だから、曲はよいよぉ~





CHROMING ROSE『LOUIS ⅩⅣ』ハロウィンに続け!ってか(笑)

ハロウィン以降あったねぇ、ジャーマンメタルブーム。


何回かあったハロウィンフォロワーブームの第1期のバンドなのが本日の主人公クローミング ローズ






メンバーなんてさっぱり憶えて無いからこのメンバーの時期で合ってるかなんかは責任持てません。多分違うような(笑)




特徴的だったのはそのアルバムジャケット





『LOUIS ⅩⅣ(ルイ14世)』といいまして、1990年のアルバム。
何枚目かなんて知りません。
興味ないし(´・_・`)



ルイ14世という珍しいタイトルだったんで凄く記憶に残ってる(笑)




確かメンバーに太川陽介が14人いたような・・・










ルイ14・・・_| ̄|○



・・・っていうか、
ルイ12とエビス2になってるし





今日はこれが言いたかったんで、これにてさようなら








バイビー







おふざけはこれにて終了します。
なにぶん笑いのセンスが抜群なんでね、私は



(゚O゚)\(- -; .。oO(センスないよ)




言ってしまえば、明るいハロウィンです。カイがボーカル時代に似てるけど明るい感じです。
ボーカルは弱いです


でも、つかみの1曲目の「POWER AND GLORY」と「LOUIS ⅩⅣ」はカッコいいです。


ボーカル弱いけど、本当にハロウィン時代のカイみたいです




アルバムタイトル曲の「LOUIS ⅩⅣ(ルイ14世)」を聴いてね


時間が無い人はイントロ終わっての叫び声まででいいから聴いてね



34秒後だけど飛ばさないでね(笑)








きゃきゃきゃきゃ!



ただ、それだけ




ルイルイ!


CATS IN BOOTS『KICKED & KLAWED』はせっかくなのに売れず

ジェイル大橋が聖飢魔Ⅱを辞めてアメリカへ行きました






え”ぇぇぇぇぇぇって思い・・・


ませんでした(笑)


度々言ってる通り私はジャパメタは聴きませーーーーん


聖飢魔Ⅱがいわゆるジャパメタではなく、その枠から歌謡曲的な人気になったとしてもやっぱり聴きませんでした


だからデーモン小暮は知ってるけど他のメンバーなんて知る由もありません


で、アメリカに行って、ハードなロックンロールバンドを結成したのだ





売れなかったです






キャット イン ブーツ聴くならガンズ聴くよね


巨額の金(契約金)もらう位当時のレコード会社は期待だったけど鳴かず飛ばず


結局1stのみで結局解散してしまいました。


1曲目の「SHOT GUN SALLY」は結構かっこいいけど・・・やっぱそれまで





その後


・・・知りません(笑)