HR/HM Jの記事 (2/8)

ジューダス プリースト=デイブ ホーランド

ジューダス プリースト=ロブ
ジューダス プリースト=グレン

それならわかる



ジューダス プリースト=KK

ジューダス プリースト=イアン

二人が創始者だもんね



ジューダス プリースト=デイブ

これがわからん







みんなそうだろうな(笑)






いなかったことになってるし







でも、ある時グラハムボネ太郎は
気づいたんです。

つまり私が気づいた



私が好きなジューダス プリーストは『BRITISH STEEL』から『RAM IT DOWN』までじゃんかと


つまり





ジューダス=デイブ ホーランド





こうなる



・・・間違ってないよね❓





前々から、デイブ ホーランドとかスコーピオンズのハーマン ラレベルのドラムの音や雰囲気が好きだってことは自分でもわかっていたけどね。


あんまり手数の多いドラムが好きじゃないんだよね


やっぱり曲の中で生きてくるようなオカズを入れるスタイルが良い(笑)






この曲のオープニングのドラムが大好き

「RIDING ON THE WING」
特にライブ


ペインキラーのオープニングのドラムの1億倍好きだな







私にとって

ジューダス プリーストとは
デイブ ホーランドなんです❗️











言い過ぎだな(笑)

そこまでじゃないか(爆笑)




でも大好きなドラマーだ。


あんなことさえなければなぁ~
あんな趣味か・・・(^_^;)







こうだもんなぁ、そりゃないよ(涙)




私にとってのジューダスは





この五人です❗️❗️



ジョン ディーコンの見せ場とは?

えっ?


そんなものあるんかい?


クィーンを知ってる人ほどこうなる






内気で、コーラスにも参加しないジョン ディーコンに見せ場なんかあったっけ



ですよね?







だいたい、ジョン ディーコンディーコン画像検索してもなかなか一人の写真は出てこない(笑)



たいがいフレディの横にいる写真(笑)







でもあるんです!


それがこれです。1974年のレインボー公演の「LIAR」演奏の2:40位からのパート






ベースソロしてるんです(笑)


クィーンっていうバンドでなんとなんとのベースソロです。






もちろん曲の中でやっていて、本当のソロじゃないけど、



間違いなくジョン ディーコンのソロタイムです



キターーーって感じ



ゴーゴー、ジョン ディーコン





あっさり引退しちゃったね( ;´Д`)




JOURNEY『RED13』はなんなのか?

なんなんでしょうか?


ソニーとの契約が
切れちゃった(切られた)から、
ヤケクソで出した!


そんなとこだろうな(笑)



今回このミニアルバム
『RED13』を書くために
ジャケット写真を検索して
初めて知ったんだけど、
ジャケットが二種類あるんだね~;^_^A




私が持ってるのがこちら






普通に画像検索すると
たくさん出てくるのがこちら






日本盤オリジナルと
海外盤なんだろうね(笑)


知らんかったですばい






特に取り上げる程の価値があるかどうかは
疑問な、やっつけ仕事的なアルバムです(笑)




「INTRO:RED13」~「STATE OF GRACE」です






イントロで
ニール ショーンが
弾きまくっているのが特徴だろう!



レコード会社が無いから
自由にやったんだね( ̄▽ ̄)






こういう不遇時代があるから
フィリピンジャーニーとして
復活するんだから、
やっぱり継続は力なりなんだ






なぬ! ジョン サイクスとな??

ジョン サイクスが

どうしたか?






な・な・なんと!!










ニューアルバムを出すとか(笑)




ウソだろ?





どうも本当らしい(爆笑)



http://amass.jp/85609/



どうも本当らしい(爆笑)



http://amass.jp/85620/




爆笑する必要ないけど
笑うしかない。





いろんな意味で(*´ω`*)




17年ぶりだってさ




どこに隠居してたかなんて
全く興味ないけど



どうやって暮らしていたか?

わかりやすく言うと

収入源は? と。

人は金が無いと生きていけない。

ジョン サイクスクラスでも

印税で食えてたのかなぁ?




そこを知りたいです




アルバムはどうかな?


サンプル聴いたけど


よくわからんです(笑)




つうか、




今更感が強くてね( ^ω^ )



JOAN JETT『THE HIT LIST』は、姐さんらしいカバーアルバム

実はこのアルバムは
ジョーン ジェット
& ザ ブラックハーツではなく、

ジョーン ジェットです







まっ、そんなことを気にする人が
どれだけいるとかいないとか(笑)




・・多分いない( ´ ▽ ` )ノ







カバーアルバムですから、
彼女が好きだったり
影響を受けたバンドだったりを
カバーしてるんだと思う



スバリかっこいいのは
AC/DCだったり、
ZZ TOPだったりです。



いかにも姐さんらしいです



でも、
あえて姐さんらしくない
なんだか美しくも切ない
メロディの曲を聴いてみようかと



それがザ キンクスの
「CELLULOID HEROS
(セルロイド ヒーローズ)」







あらあら、
姐さんもおセンチになるんだね(^_^*)




抑揚のないボーカルが
逆に活きてると思うんですけど、
いかがかな?



告白しちゃうと、
私は原曲を知りませんですから!!


キンクス聴きません。

殿様キングスも聴きません(笑)